Read Article

MTBユニット|K&D

IMG_0602

MTBユニット”K&D”有薗啓剛
12歳の頃、近所のアウトドアイベントで当時の全日本チャンピオンがデモンストレーションをしているのをみたのがきっかけでバイクトライアルの世界に入りました。
以来、二輪の魅力にハマり夢中で練習をしました。
そして1996年、ヨーロッパ(スペイン、チェコ)でおこなわれた世界選手権に出場し、その夢は叶ったのです。
この年おこなわれた全4戦の総合成績で僕は目標としていた世界の頂点に立てたのです。
当時は、高校生で若かったこともありますがプレッシャーを感じることなく試合に臨めたのが結果としてよかったんだと思います。
あとは、誰にも負けない強い自信がありました。
そして、諦めずに目標を追いかけていたことの大切さを身を持って経験しました。
今は現役を引退し、二輪の楽しさと競技の普及活動などを行っています。普及活動の最中、注目していたのはやっぱり2020年のオリンピック。
BMXが公式種目として認められたニュースは、種目が違う競技ではありますが二輪を通じて子どもたちが、世界を舞台に活躍できるチャンスが広がったととても嬉しく感じています!
そして、子どもたちの可能性を最大限に広げるのが「ストライダー」です。
2歳から二輪に慣れ親しむことができ、運動能力を養うことができるストライダーはカラダとココロを成長させてくれるんです。
このストライダーを使用し全国の幼稚園や保育園にて「EVERY BUDDY STRIDER」という幼児体育プログラムを実施しています。
これまでの歴史になかった「自転車教育」がストライダーの出現により、スポンジのように何でも吸収できる幼児期に実施することが可能となりました。
全国の幼稚園や保育園を通じてこども達にストライダーの楽しさやヘルメットの重要さ、マナーや交通ルールの大切さを伝えています。
2輪競技を通して安全と危険を知っているストライダーキッズには、スピードのコントロールをしっかりすることと、ルールを守りながら乗ってもらいたいですね!!

kd_plofile ■K&D MTB PERFORMANCE UNIT
バイクトライアル元世界チャンピオン、8年連続全日本のタイトルを保持し、現役引退後はシルク・ドゥ・ソレイユやマッスルミュージカルなどエンタテインメントの世界で活躍した有薗啓剛と、2002年から国内外のバイクトライアルの大会で活躍し、2007年からマッスルミュージカルで活躍した守上大輔の2人で結成されたMTBパフォーマンス・ユニット”K&D”。
現在は、幼児体育プログラム”EVERY BUDDY STRIDER”を立ち上げ、全国の幼稚園や保育園にて二輪の楽しさと交通安全のルールやマナーなどをストライダーを通じて指導している。

Return Top