Read Article

平成最後の夏休み☆全員童心『ストライダーどろん子フェス』

~も!ストライダージャパンの山内です(●´ω`●)この夏、人生最高に日焼けをしていて少しだけへこんでいます。。。が、それもこれもストライダーでは楽しいイベントが多すぎるからだ――――!その中でも、ストライダーを遊びつくすことのできるイベントの最高峰が、長野県信濃町で昨年から行われている「ストライダーどろん子フェス」だと思うのです!(個人的意見です)

さて、「どろん子フェス」が行われたのは2018年8月4日(土)。天気は晴天。長野の雄大な自然と、圧倒的な空の広さに心が洗われるようなそんな素晴らしい日、素晴らしい場所に日本各地から集結した、ストライダーを愛してくれているご家族たち。こんなに美しい景色の中、なにをするかというとシンプルに「どろんこ」になるんですねぇ~。しかも、大人もこどももスタッフも、みーんなでどろんこになろうってんですから、全くどうなることやら。
まずは、メインレースである『ストライダー田んぼ一本橋レース』

ックでしょ!?田んぼの真ん中に敷かれた一本橋をストライダーで渡り切るレース。しかも、このレースの最もすごいのはゴールの仕方。実際に見た方が早いので、お写真で見ていきましょう。一本橋を渡るところまではみんな順調に進んでいきます。

しかし、道がなくなったところがこのレースのポイントなんです。このレースの正しいゴールはこちら!

ここまで、きれいにダイブできるのは才能です!というか、カッコイイ。みんな泥だらけになっていきます。

みんな素晴らしいダイブ!ナイスどろんこ!そして、レースの優勝者にはここでしか手に入らない、同じものは2つと無いストライダージャパンスタッフ手作りの『どろフィー』が贈呈されるのです!
?!あれ?!そういえば、どろん子フェスのキャッチコピーは全員童心。ということは、パパママも泥まみれにならないとですよね!(*´▽`*)☆
ということで、お次はこどもから大人まで参加可能な『どろん子フラッグ』。まずはこども達のレースから。

可愛いですね!一生懸命歩きにくい田んぼの中を進んで、思わず顔がほころびます(*´ω`*)そして、フラッグをとったお子さまには景品であるトウモロコシを贈呈です!さて、お次はパパのレース!

みんな気合十分。
では参ります。
「レディー・セット・ゴー!」

(((( ;゚Д゚)))おぉぉぉっぉーーー…
こちらのパパは、もうほぼ犬神家の一族のスケキヨ状態。しかし、しっかりとフラッグを握りしめています。

みんな走っているときは勢いがありすぎて怖かったけど、なんか・・・
なんか・・・超楽しそう!!
お次はママたち行ってみましょうか。やっぱり女性ですし、汚れるのとか、いやだったり・・・

全然しなーーーーーーい!!( ̄ ̄∇ ̄ ̄)
こちらのママは、まるで平成のジャンヌダルク!
おおっ。これはどちらかな??

こんなに喜びを全身で表現されたら、こちらも嬉しくなっちゃいますヽ( ´¬`)ノ 

どもたちも、こんなパパママの姿を見るのは初めてだと思いますが、ここまで大人が本気で遊んでくれたら、こども達もたのしくなっちゃうし、さっきまで田んぼが怖いって泣いていたこども達も、いつの間にか恐怖心がなくなって、泥だらけで遊んでくれます。しかも、多分普通ならこんなに泥だらけで遊んだら、ママたちの顔が曇るだろうでしょうけど、今回に限っては怒られるどころか、褒められちゃうんですから!
さて、ここからはどろんこを極める「どろんコンテスト」を行っていきましょう。
どろんコンテストのルールは簡単。泥だらけになることを楽しむこと。よくわからない方のために、ストライダージャパンの大縄(おおなわ)より見本を示させていただきます。

いいですね。ダイブ前の笑顔が楽し気です。顔もしっかりと泥につけるあたりに気概を感じます!そして、大縄は結構潔癖症。汚れたくないという気持ちを乗り越えた点もポイントアップです。それでは、参加者様も泥にまみれていただきましょう!

いいですね~~~。この泥んこになることを楽しめたものが優勝を勝ち取ります。
それでは、「残り5…4…3…」

「2…1…終了~~~~」

このコンテストの優勝者は、ストライダージャパンのスタッフである大縄の
アなジャッジで決められます!
(※来年参加者を考えている人は、できるだけ大縄にアピールをしましょう)
そして、優勝者にはとっても豪華な、巨大冬瓜のプレゼント☆
今回は、これ以外にも『どろんこ綱引き』『どろんこ宝探し』などコンテンツも盛りだくさんでした。

トライダーで、おとなもこどももみんな笑顔に。これは、私のうぬぼれかもしれませんが、参加者さんたちは「今年の夏なにした?」って聞かれたら、真っ先にこの『ストライダーどろん子フェス』に参加したことを思い出すんじゃないかと思います!そして、私自身もこの夏の強烈な思い出として、このイベントを思い出すことでしょう。そうです、実はストライダージャパンのスタッフ、名前が出たのは「大縄」だけでしたが、代表の「岡島」とわたくし「山内」も参加しておりましたよ!ぜひ、見つけてみてくださいね(笑)さて、来年のどろん子フェスでは何しようかな!?(*´▽`*)

 


番外編

冒頭で紹介した『ストライダー田んぼ一本橋レース』のゴールの仕方が素晴らしい3名をご紹介しちゃいます!
【1人目】

【2人目】

【3人目】

キッズたちの素晴らしいゴールの瞬間は、まだまだあるので、気が向いたときにストライダーのインスタグラムで公開していくかも!ぜひご覧ください☆

来年の夏もまたみんなで遊ぼうね!

ストライダーどろん子フェス公式サイトはこちら

ストライダー公式フェイスブックfb
ストライダー公式インスタグラムインスタストライダー公式ツイッター
ツイッター
Return Top