Read Article

STRIDER CUP 2014 お台場青海ラウンドReport!

2014年10月19日(日)、 STRIDER CUP 2014 ジャパンツアーを締めくくる「 第4戦 お台場青海ラウンド」 がこの日開催されました!最高気温は23℃。体にじわじわ汗をかくほどのぽかぽか陽気のなか、大観覧車の下で約500名のキッズたちが元気にコースを駆け抜けてくれました。

_MG_7043

STRIDER CUPは、2才・3才・4才・5才と年齢ごとに4クラスに分かれています。それぞれのクラスで繰り広げられるドラマは想像以上!コースを逆走する2才、プレッシャーに泣き崩れる3才、“レース”を楽しむ4才、勝負の世界を感じる5才。子どもたちの成長は本当に早く、ついこの前まで泣きながら走っていた子どもがいつの間にか精悍な顔つきで颯爽と走る様子に、スタッフは感動をもらいっぱなし。

独身20代後半~30代前半が多いストライダーカップ運営チームは、ここで会えるみんなを勝手ながら、親戚の子どものように愛おしく想い、その成長を嬉しく感じ見守っています!会うたびに変化を見せてくれるキッズにいつも驚きを与えられ、それがいつしか私たちの楽しみになっているんです。

_MG_7568

ゴール後のシーンはいつも感動に包まれます。大きく手を広げ受け止めてくれるパパとママ。親の愛情を感じると、子どもはのびのびとたくましく成長できるみたいですね。一歩一歩ゴールに近づいてくる我が子「すっかりお兄ちゃんになって」、「いつの間にか大きくなったんだね」。子どもの姿を見て大人が教わることもたくさんあるんです。今日はみんなが笑ってる、なんかいつもより楽しいな♪

_MG_7821

ストライダーカップ、お楽しみはレースだけじゃありませんよ!会場は親子で参加できる『STRIDER30mタイムアタック』や、大人の力を発揮する『STRIDERウェイトリフティング』、『ストライダージャパン一座の紙芝居』や、出展社さんブースで行われている体験コンテンツなど盛りだくさん。レースの緊張から解放されたキッズたちの自由奔放な様子は、子ども本来の姿を感じる瞬間です。

実はレースの緊張から解き放たれているのは、子どもたちではなく大人のほうなのかも。

ストライダーカップは勝敗をかけたレースイベントですが、楽しみ方は様々。日々の練習の成果を出そうと親子で意気込んだり、ご近所仲間で応援団を組んでみたり、この場でしか会えない友だちとの再会を楽しみにしたり。会場には、いろんな家族の形があって、いろんな仲間の繋がりがあって、いろんな子どもの友情がありました。

男の子の方が甘えん坊ってよく聞きますが、子どもの世界では、ちゃんと男子やってます。笑。

_MG_7878

お台場のランドマークといえば大観覧車!上から会場を眺めればこんな感じ、小さなキッズたちも集まれば大迫力。さてこの写真オフィシャルスチールカメラマンとムービーカメラマン、総勢3人の大人の男性が観覧車に乗り込み撮影をしてきました。デート日和の昼下がり、まわりの目が冷ややかだったのは言うまでもありませんね。笑。

そして、このお台場青海ラウンドで卒業するキッズも多い5才クラス。

予選から一走り一走りを惜しみながら、そして最後を楽しみながら走る姿が見られました。そして時は決勝へ。スタートを待つ選手の想いは『緊張』と『興奮』、『闘志』や『不安』。まさに一流アスリートから伝わるエネルギーやパワーを、目の前のわずか5才の子どもから感じました。レース後は全ての感情が爆発し親の腕の中で普段の5才の表情に戻る子どもたち。これを見ると「結果じゃない」って誰もが、みんなに拍手を贈りました。このレースで見られる情熱や迫力もまた、ストライダーカップの一面なんです。まさにフィナーレにふさわしい素晴らしいレースでした。

そして、楽しい1日は終わりに近づき別れを惜しむ仲間たちがいつの間にかサッカーをはじめたり・・・。さっきまでのライバルはすっかり親友。子どものコミュニケーションって最強ですね、私達も見習いたいです!

走り切ったゴール後の、子どもたちの表情一つ一つから感じられたのは、“終わり”ではなく“始まり”でした。STRIDER CUP 2014はこのお台場青海ラウンドで終わりを迎えますが、ほんの少しでも成長した姿でみなさんとお会いできるよう、スタッフ一同心を込めて、来年に向け始動していきます!この1年ストラダーカップを通して、みなさんの心に少しでも熱いものや温かいものが残ってくれたら嬉しいです。

その熱が何かの原動力になるように、Kids be ambitious!

_MG_8310

今年参加してくれたキッズのみんな、そしてご家族のみなさまこの1年間「ストライダーカップ」を支えていただき本当にありがとうございました。また来年、たくさんの笑顔で会いましょう!

SEE YOU NEXT STRIDER CUP

 

 

 

Return Top