Read Article

STRIDER WORLD CHAMPIONSHIP 2015レポート|子育て応援「すとらぼ」

2015年8月25日(日)アメリカ・サウスダコタ州にて『第5回 ストライダーワールドチャンピオンシップ』こと、
ストライダーワールドカップが開催されました。
日本からは総勢10家族、合計12名のキッズたちが遥々海を越え「希望と夢」を背負いこの地に降り立ちました。
日本以外にも各国から約270名のストライダーキッズが集まり、今年も大いに盛り上りました!
大会の様子をフォトレポートでご紹介~!

Group_Blog_Smaller レース会場はサウスダコタ州にあるラピットシティというエリア。普段は地元の人々がのんびり過ごすここセントラルパークも、この日はキッズたちの熱気に包まれ雰囲気が一遍。その様子を一目見ようと多くのギャラリーが集まりはじめました。声援や歓声が響く中、文化や国境を超えた子どもたちが一つのGOALに向かい、同じ時間と思い出を共有しました。

さて、こちらは今大会のダイジェストムービー!
どうですか?ワールドカップの世界感がムンムンに伝わりますよね!日本から参加した小さなサムライたち、
環境の変化にも負けず世界を舞台にそれぞれの想いを胸に一生懸命走り抜きました。
表情はキラキラと、自信に満ちて誇らしく、普段は見られない笑顔を見せてくれました。
下は2才、上は5才のメンバーで結成された今年のチームジャパン。
はじめて顔を合わせた子どもたちも長旅を共にすれば自然とチームワークが育まれ一致団結。
共に世界を戦うライバルであり、友である、そんな『友情』があちこちでたくさん生まれた貴重な空間でした。

素敵なストライダーファミリーを会場でキャッチ。ストライダーで生まれる家族の絆は万国共通!

【A】 Danny Villacis(5才) COUNTRY/エクアドル 、過去の出場回数/3回 【B】Even Perez(4才) & Josethomas Diaz(3才) COUNTRY/エクアドル、過去の出場回数/3回 【C】Bryden Stephen(4才) COUNTRY/アメリカ、過去の出場回数/2回、コメント/ストライダーでバランス能力がよくなった! 【D】Zichen Li(5才) COUNTRY/中国 、過去の出場回数/はじめて、コメント/中国の知り合いからSWCのことを聞いて、どうしても参加したくなった。 【E】オルトマン マックス(5才) COUNTRY/アメリカ、過去の出場回数/2回 【F】Lyra Spencer(1才半) COUNTRY/アメリカ、過去の出場回数:2回、コメント/2015年3月15日に購入。コメント/今回はレースには参加しなかったが、たくさんのストライダーキッズを見て、Lyuraちゃんはとてもうれしそうなので来年は参加しようと思います。

撮影に協力してくださいました、日本からのファミリーもご紹介!

STRIDER WORLD CHAMPIONSHIP 2015 RESULT

▼2 YEAR OLDS – TOTAL RIDERS = 65
優勝 #240 – Ryan Hauf – Rapid City, SD
2位 #274 – Vance Singer – Rapid City, SD
3位 #217 – Lucah Behnke – Rapid City, SD
4位 #238 – Cashton Allen – Sioux Falls, SD
5位 #215 – Saaya Hino – Tokyo, Japan
6位 #213 – “Madd” Maddox McKie – Rapid City, SD
7位 #251 – Hudson Williamson – Black Hawk, SD
8位 #228 – Ethan Simonton – Rapid City, SD

▼3 YEAR OLDS – TOTAL RIDERS = 84
優勝 #302 – Waku Kunitate – Nisshin-Shi, Japan
2位 #301 – Mason Murphy – Rapid City, SD
3位 #380 – Gage Ritter – Rapid City, SD
4位 #376 – Sam “Froggy” Hauk – Lead, SD
5位 #374 – Vladimir “The Impaler” Lewis – Rapid City, SD
6位 #324 – Shane “Green Ghost” Scott – Fontana, CA
7位 #332 – Gunner Clinedinst – Apple Valley, CA
8位 #322 – Jose Diaz – Riobamba, Ecuador
9位 #315 – Maddox “Max” Van Dyk – Sioux Falls, SD
10位 #386 – Damian “Dae Dae” Cury – Rapid City, SD

▼4 YEAR OLDS – TOTAL RIDERS = 54
優勝 #413 – Raisei Miyashita – Nagano, Japan
2位 #402 – Liam Dixon – Rapid City, SD
3位 #437 – Brayden Stephen – Rapid City, SD
4位 #445 – Talon Saiz – Box Elder, SD
5位 #419 – Ayeden Koplin – West Bountiful, UT
6位 #415 – Marvin Cuny – Hermosa, SD
7位 #409 – Landon Green – Rapid City, SD
8位 #441 – Titan Ross – Summerset, SD

▼5 YEAR OLDS – TOTAL RIDERS = 38
優勝 #502 – Ryoichi Nakayama – Osaka, Japan
2位 #512 – Rui “Louis” Takahashi – Tokyo, Japan
3位 #503 – Danny “Pastrana” Villacis Barriovuevo – Puyo, Ecuador
4位 #514 – Koki Hara – Kanagawa, Japan
5位 #504 – Patrik Dinka – Trencin, Slovakia
6位 #518 – Ryder Clinedinst – Apple Valley, CA
7位 #534 – Sousuke Hino – Tokyo, Japan
8位 #515 – Kaisei Shimizu – Aichi, Japan

Return Top