Read Article

ストライダーカップ体験レポート「こどものちから」Vol.05

今回はの主役は、ストライダーカップに2歳から参加し続けている4歳のストライダーキッズ。泣いてしまいスタートもままならなかったあの頃の面影は無く、今はもう勝負師の表情をのぞかせている!さぁ、4回目のチャレンジ。4歳になってみせた「こどものちから」とは?!
cup
ストライダーカップのテーマ「こどものちから」。
そこには、それぞれのストーリーが詰まっています。「こどものちから」Vol.05それではどうぞ!

 


 

今回のお台場で4回目の出場…4歳の息子の挑戦が終わった。

5歳上の娘は、約10回… 抽選に漏れ続け、一度もストライダーカップに出る事なく現役を終えた。
チームメイトの応援に行った時、
「どうして、私は出れないの?」
との問いに、うまく言葉が出て来なかった。

数年後、2歳になった息子が初めてストライダーカップに出る事に。
開催地は大阪・南港
レースは泣きじゃくりスタートもままならず結果も予選敗退だったが、楽しかった。
ストライダーカップに出られる喜び、会場の雰囲気を家族で噛みしめた。

2回目は、お台場
目標は決勝進出だったが力強い走りで、まさかの3位入賞!
初のシャンパンファイトは良い思い出になった。

3回目もお台場
3歳になり、お友達も増え、仲間と臨んだ一戦。
スタートダッシュが苦手な息子だが、何とか決勝に進み結果は19位。
息子は満足いってないようだったが、頑張る姿を見れて私は満足だった。

そして今回、4回目もお台場
4歳になった息子は、体がしっかりしてきたし、走る姿も力強い。
苦手だったスタートダッシュも練習により克服し、自分の武器に変えた。

予選1位

準決勝2位

順調な走りで決勝進出を決めた。
決勝は大外12番グリッド。
ここで親のくじ運の悪さが出てしまう…。
しかし、息子と話し合い冷静に作戦を決める。
2歳 3歳はがむしゃらに走るだけだった息子も、
4歳になり理解力が増し、自分で考えて走れるようになってきた。

「さあ、行こう!」

「レディ セット ゴー!!」

17c2_11238_021509770196__610439_596_3608613_tn

 

 

 

 

 

 

 

外からも順調な走りで第2コーナーまで6位7位ぐらい。
しかし、コース途中でバランスを崩し転倒しそうに…。
つまずいてる間に順位も12位ぐらいまで落としてしまう。
でも、息子は最後まで諦めなかった。

結果は10位入賞。

ゴール後、息子は大粒の涙を流し、声を出して泣いた。
「悔しい」と。
ストライダーレースで流す、初めての悔し涙。
その心の成長が嬉しくて私も息子を抱きしめて泣いた。

ストライダーカップ参加は狭き門。
5歳になった時に出れるか分からない。
でも、出れる事を信じてまた家族で挑戦したい。
私たちにとって、ストライダーカップは特別なのだから。


 

こちらは、STRIDER CUP 2017にご参加下さった方から募集した「こどものちから」をテーマにした体験レポートです。
ご応募をいただいた中から、ストライダージャパンが独自に選考させていただいた作品をご紹介させていただいてております。
皆様たくさんのご応募ありがとうございました。

※体験レポートの応募は締め切りさせて頂きました。たくさんのご応募ありがとうございました。

ストライダー公式フェイスブック
fb
ストライダー公式インスタグラムインスタストライダー公式ツイッター
ツイッター

 

Return Top