Read Article

親子で楽しむ!『第4回親バカスタムワークショップ』~プロが教える実践講座~

親子で楽しめるストライダー的DIY!
custom_school

親バカスタムワークショップ』とは所ジョージさんのライフスタイルをリスペクトし、
「男の遊び」を本気で追及する雑誌「Daytona」とストライダージャパンのコラボ企画。

ラストとなる今回は、第1回目から変わらず人気のローラーペイントと、
ペンキでサビを表現して何年も時を重ねたような加工ができるハイレベルな「エイジングペイント」を行いました。

ラストということで今回のブログでは、ワークショップの様子をちょこっとお見せしつつ、
刺激を受けてしまったパパママに、プロの講師が教える『自宅でもできるペイント実践講座』をご紹介!

では早速、11月18日(土)に行われたラスト回を少し覗いてみましょう。

 

こちらは、エイジング加工をする予定だったけど、急遽マーブルペイントに変更した親子。

だけど、それがもう大変・・・汗

ペンキを塗って乾く前にもうひと手間加えて、と時間との勝負。

「はぁ、ローラーペイントにすればよかった(´Д`)」なんて弱気な発言も出ましたが……

1118_pint (24)
素敵なピンクマーブルストライダーに大変身!
1118_pint (25)

見てください!この達成感溢れる表情!!苦労が報われましたね(´;ω;`)

 

今回ご参加くださった、ご家族のお写真もパシャリっ
1118_pint (6)1118_pint (10)1118_pint (8)1118_pint (22)
みなさん満足そうなお顔を見せてくださいました(^▽^)

 

ここで、今回のエイジングペイントの工程を、講師の工藤さんのお手本をもとに少しご紹介させていただきます。

まずはベースの色塗りです。

1118_pint (37)そして、サビの色を表現するために3色の茶色を使い、霧吹きを使ってサビが上から自然と流れている感じにします。
1118_pint (2)1118_pint (39)1118_pint (38)
すごいテクニック!!これがペイントとは思えません。
もちろん手間は掛かりますが、完成を見たら・・・・・・
1118_pint (1)
っぅっぅう!痺れる~~~~

このエイジングペイントストライダーにこどもが乗ってくれたら、キュートと渋さのケミストリー( ´∀` )

もちろんこのエイジングペイントはかなり高度なテクニックが必要ですが、
ローラーペイントであれば自宅でもできるということなので、講師の工藤さんにやり方を教えていただきました!!

 

☆自宅でもできるペイント実践講座☆
【準備するもの】
■ 塗装をする為の
  ・刷毛
  ・スポンジ
  ・ローラー
■塗料ののりを良くする為の
  ・サンドペーパー 320番程度
  ・塗りたくない部分を隠す為のマスキングテープ24mm
■塗料は
  ・ホームセンター等の水性塗料(屋外用)があればOK

 

【作業工程】
 1.部品をバラす
 2.ステッカー等を剥がす
  ☆Point:カッター等でめくると剥がしやすいですよ (お子さまは危ないのでパパママが頑張って!)
 3.サンドペーパーをかける
    やりずらい所を特に念入りに!艶が消えるまで全体的に磨きます。
   ☆Point:塗料の密着をよくするためにもとっても大切な工程です! キズがある所は段差を無くすように丁寧にかけて下さいね。

  4.マスキング
     塗りたくない部分をテープで隠します。
  5.色を塗っていきます
   ローラーやスポンジが入らない所を先に刷毛で塗っておくと奇麗に仕上がります。道具に慣れていないお子様はスポンジでペタペタ塗るのが塗りやすいです。
  6.塗料の乾燥を待って、マスキングを剥がし、部品を組み付けして完成です!
     完成後はお好みのステッカーを貼ればさらに楽しいですよ。

 

こちらの作業は、塗装に慣れている人で3~4時間。お子様と一緒にやると6時間程で完成だそうですよ!
お休みの日なら、親子でできそうですね!

 

最後に、Daytonaに掲載された『親バカスタム』の誌面も見せちゃいます!

oyabaka_1compressed-001
oyabaka_2compressed-001
4回に渡り開催いたしました『親バカスタムワークショップ』

たくさんのご家族が参加してくださり、
こどもの自由な発想と、大人のこだわりの詰まった
カワイイ・カッコイイ・世界に1つだけのストライダーが誕生しました。

ぜひ、世界に1つだけの自分だけのストライダー制作してみてはいかがでしょうか?!

■過去の本企画「親バカスタム」レポートのまとめはこちら
過去レポートもぜひご覧下さい!
Return Top