Read Article

STRIDERCUP WORLDCHAMPIONSHIP 2018!次はキミが世界チャンピオン!

世界にはキミの『人生の友』がいる

by Shuko Yamanouchi

 

いきなり大袈裟に始まりました今回のすとらぼ。
こんな格言チックなこといいながら、わたしは海外に友人1人もいないんですけどね…(ノ≧ڡ≦)てへぺろ
でも、ストライダーと出会ってたら、幼少期に海外に行けてたら、きっともっと世界は変わっていたんじゃないかと思います。

だからこそ、皆様にお伝えしたいのです!
STRIDERCUP WORLDCHAMPIONSHIP 2018のことを!
英語が話せなくたって、『ストライダーが好き』という共通点があれば、誰とだってなかよくなれるはずですから(๑• ̀д•́ )✧

strider-cup-world-championship-logo

さて、STRIDERCUP WORLDCHAMPIONSHIP(通称:ストライダーワールドカップ)ご存知ですか??
昨年は世界各国から約360名のキッズが集結し、日本からも約30名のお子さまが参加くださったんだそうです!

さてさて、「そんな大会あるんだ⁈」「今年は参加したいな・・・。」など興味を持ってくださった方に
ストライダーワールドカップのなんやかんやをご紹介。(。+・`ω・´)キリッ

ストライダーワールドカップってなに?

今年8年目を迎えたストライダーワールドカップは、2歳から出場できる世界規模の大会!
毎年、平均10か国以上のストライダーキッズが集結する、グローバルな大会なのです。
こんな経験、全世界150万人のユーザー様がいるストライダーじゃなきゃできないですよ!!

でも、ワールドチャンピオンシップって言うくらいだから、
レベルが高くないと出られないんじゃない?(´⌒`。) と不安になる方も安心してください。
始めたばかりのよちよちライダーから参加可能なんです☆

でも海外だし、英語も話せないし不安だな…

はい、そんな皆さまに伝えたいのは、「STRIDER」これが既に共通言語!!

そして、海外旅行に慣れていない方に朗報です°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°!
今年も近畿日本ツーリスト様より、『STRIDERCUP WORLDCHAMPIONSHIP大会参加ツアー』を予定しています!

ツアーサイトが公開しましたらまたSNS等でご報告いたしますので今しばらくお待ちを☆彡

まあ、旅がてら考えてもいいかなぁー

てときに気になるのが、今回の開催地であるボルダーってどんな街なの?ってことですよね。

まず、羽田空港からデンバー国際空港まで約10時間30分。
デンバー国際空港からボルダーまでは車で1時間程度。


ロッキーの大自然に囲まれ、夏でもカラっとした暑さで過ごしやすい!
そして、アメリカ人が住みたい街の上位にランキングされる街。


そして全米一オーガニック志向でロハス発祥の街とも言われています(*˘︶˘*)
地産地消にこだわるレストランも多くあるそうなので、ボルダーならではの食材やグルメを味わうこともできちゃいます!

観光客にも優しい街で、お子さまと一緒に楽しめるところがたくさんありそうです!!

▼ボルダーの情報はこちら
BOULDER探検隊

ほうほう。大会の詳細はどんな感じなのかな(ὸ⍸ό)?

【開催日】2018年7月20日(金)21日(土)
     20日(金):車両チェックや受付
     21日(土):レース本番
【レーススケジュール】
7:30~8:10   オープントラック
8:30~10:30    2歳クラス
10:30〜11:30  4歳クラス
11:30〜12:30  昼休憩
12:30〜14:30  3歳クラス
14:30~15:30  5歳クラス
15:30~16:30  オープンクラス(3〜6歳で参加できる14インチのストライダーを使用したレースです)
▼詳しくはこちら
https://www.striderbikes.com/Boulder

【開催場所】アメリカ合衆国 Civic Park(1056 Boulder Canyon Drive, Boulder, CO 80302, United States)

【参加可能年齢】2~5歳

【エントリー費】$27.00 +$3.56FEE

【エントリー期間】7月17日 現地時間22:00まで、もしくは定員に達し次第終了

さあ、次はキミが世界チャンピオン!

昨年のSTRIDERCUP WORLDCHAMPIONSHIP 2017では、
全クラス(2歳~5歳)で表彰台のトップは日本人選手が完全制覇しました。
しかし、徐々に各国でもレース文化が浸透してきて、実力を付けている選手がたくさん出てきています。

そんな世界のライバルたちと共に切磋琢磨し合う体験は、中々できることではありません。

この体験は一生モノ。

さあ、次はキミの番だよ。

 

■STRIDERCUP WORLDCHAMPIONSHIP2016年の様子はこちら

■STRIDERCUP WORLDCHAMPIONSHIP2017年の様子はこちら

STRIDERCUP WORLDCHAMPIONSHIP 2018公式サイト
strider-cup-world-championship-logo

 

 

 

 

ストライダー公式フェイスブック
fb

ストライダー公式インスタグラムインスタストライダー公式ツイッター
ツイッター
Return Top