Read Article

「雪ん子フェス」思い出そう。子どもはみんな雪ん子だ!

2020年2月23日、長野県にある黒姫高原スノーパークで初の「雪ん子フェス」を開催しました!

前日入りしたところ、なんと積雪がまばらで土が見えている箇所も…

スタッフ共々、次の日の雪ん子フェスは無事開催できるのか不安に感じていました..。

しかし…

ご覧ください!雪ん子フェス当日、朝から雪が降り始めこんなにも積もりました!

スタッフも張り切って準備!

そうこうしているうちに、続々と参加者が集まってきました。

ゲレンデが初めての子も、初めは不安そうでしたら、楽しそうにスノーストライダーで斜面を滑走!

ふわふわの雪で、子どもたちも嬉しそう!!

そして、開会式スタート。

まずは【スノーストライダー親子リレー】から。

斜面の下からパパやママが駆け上がり、斜面の上にいる子どもたちにタッチして、子どもたちがスノーストライダーで滑り降りるというレース。(パパママが一番大変かもしれない..!)

スタッフもこの斜面を登りましたが、結構きつい…!!

そして、パパやママからバトンを受け取った子どもたちは次々にスタート

そしてゴーーール!!

2〜3歳の部、4〜5歳の部にわけてレースを行いましたが、子どもたちがものすごいスピードで滑走するので大人たちもびっくり!

優勝した親子にスタッフが夜な夜な作り上げた、雪ん子頭巾をプレゼント!!

表彰式が終わってからもずっとつけてくれているお子さんもいてとっても嬉しかったです^^

【午前の部】

2〜3歳クラス 上位3名

4〜5歳クラス 上位3名

【午後の部】

2〜3歳クラス 上位4名

4〜5歳クラス 上位3名

続いて2つ目のプログラムは【宝探し】。

雪の中に埋まっているアイスクリームを探すというゲーム。

おなじみ『Ready, set, go!』の合図でいっせいに斜面をかけあがる子どもたち。

お宝はどこだ!?

大人でも見つけられないアイスを探しあてる子どもたちでした。

3つ目のプログラムは【雪山フラッグ】。

本当は雪山を作る予定でしたが、積雪量の都合で、本当に山の斜面を登ってフラッグを取るゲームに変更。

パパ、ママ、そして子どもたちに分けてフラッグ争奪戦を行いました!

「父ちゃんやったる!!」

ママも全力です!

そして子どもたちも!

みんな全力で頑張りました!

最後は雪遊びでおなじみの【雪合戦】!

今回の雪合戦は、雪ん子フェスオリジナルのルールで。雪玉で鬼を退治し、アフロを取ったら勝ち。

(鬼は上記の写真のアフロを被っているスタッフ)

まずはみんなで雪玉を作りから。

今回雪合戦が初めてという子どもたちが多く、楽しそうに雪玉を作っていました。

それにしてもすごい量です・・!戦闘態勢ばっちり。

いざ鬼退治へ!!!

鬼を退治し、大満足な子どもたち。

子どもも大人もみんな雪ん子になって、雪遊びを満喫することができました。

ご参加いただいた皆さまありがとうございました!

来年も、雪山で一緒に遊ぼうね!

Return Top